今年50代になる私のイメージでは、青汁を飲んで「うーん。不味い。もう一杯」というCMが、『ザ・青汁』のイメージでした。

それから何十年もたち数多くの青汁のCMを見ても、あの草の味をイメージするようなCMのインパクトが強すぎて、青汁をドリンクとしては認めていませんでした。

そんな時に、姪が慢性の便秘で青汁を飲んでいると聞き、「ちょっと甘すぎて口に合わないからあげる」と言われたのが、私が飲んでいるユーワの緑寶青汁です(HP http://www.yu-wa.com/1353.html )。

年頃の女性だと、毎日飲むには甘みが気になるようで、中年過ぎの私には、このほのかな甘みがむしろクセになり、毎日一包を飲むようになりました。

昨年の冬の寒くなる頃から、コーヒー代わりに毎朝一杯が習慣になりましたが、国産大麦若葉が使用されているから青汁なのでしょうが、むしろヨーグルトを食べる習慣がない私には乳酸菌が不足していたらしく、快腸になった事がハッキリとわかります。

飲んでいると腸内環境が良いのが実感できるのですが、飲み忘れると1日くらいは大丈夫なのですが、3日ほど忘れようものなら、身体に毒素があるのを感じるようになりました。

これは薬局にて購入しているので無くなれば買いに行くのですが、決して安い物でなく、むしろ「高っ!」と思っているので、今後もずっと続けられるかはわかりません。

その点は、ちょっと残念です。

最近は、異常気象などで野菜が価格高騰したりしているので、自分の口に合う青汁を飲んで、野菜不足を補うと同時に、乳酸菌が入っている物も、すごくおススメです。

一度お試しあーれ。